神戸の歯並び矯正専門サイト

歯並び矯正advance

神戸市東灘区のにい歯科・矯正歯科監修

障害者自立支援および顎口腔機能診断施設の指定医療機関 日本矯正歯科学会認定医

ご予約・お問い合わせ078-431-6500


メニュー

大人の矯正装置の種類

マルチブラケット装置(メタル)

最も一般的な金属製の矯正装置です。治療費も安く、薄く丈夫です。以前までは、歯面全体に金属のバンドが張り付いていたため、かなり目立っていましたが現在は接着剤の発達により以前ほど目立たなくなりました。

マルチブラケット装置(メタル)

セルフライゲーションブラケット装置(デーモンシステム)

セルフライゲーションブラケット装置(デーモンシステム)は、ブラケットとワイヤー間に生じる摩擦を抑えたセルフゲーションブラケット装置です。ブラケットとワイヤーに生じる摩擦は、歯を動かす妨げとなってしまいます。しかし、セルフライゲーションブラケット装置(デーモンシステム)は少ない摩擦で、痛みも少なく、マルチブラケット装置(メタル・セラミック)よりもスムーズに歯を移動させることができます。

セルフライゲーションブラケット装置(デーモンシステム)

マルチブラケット装置(セラミック)

マルチブラケット装置(セラミック)は、セラミック製の装置を歯の表面に接着します。セラミックは本物の歯と同等の透明感や色調を持ち合わせている歯科材質であるためほとんど目立つことがありません。目立ちにくいワイヤーを併用していただくことで、より審美性の高い矯正治療が可能です。なお金属を一切使用していないため金属アレルギーの心配がありません。

セラミックブラケット

リンガルブラケット矯正装置

本来、矯正装置は歯の表側に装着していましたが、リンガルブラケット矯正装置は歯の裏側に装着していただく装置となります。歯の裏側に装着するため、矯正装置が目立つことはありません。また、よく見える上の歯だけをリンガルブラケット矯正装置にし、下の歯を表側から装着するマルチブラケット装置にすることなども可能です。

リンガルブラケット

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)とは、本来矯正治療で使用されてきたマルチブラケット装置のようにワイヤーを使用する矯正装置とは異なり、取り外し可能なマウスピース型の装置を装着していただきます。 始めに型採りをおこない、1ヶ月に1回の健診ごとに新しい装置と交換をし、徐々に歯列を正しい位置へと移動させていきます。透明のマウスピースなので目立つこともありません。ただし、抜歯が必要な症例や、重度の不正咬合には適用できない場合もございます。

インビザライン

患者さまの症例によって使う装置はさまざまです。
まずは一度相談にお越しください。

※上記の装置は、完成物薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用救済制度の対象外となる場合があります。